ディオーネのハイパースキン脱毛が従来の脱毛と違う部分

ディオーネのハイパースキン脱毛が従来の脱毛と違う部分

ディオーネで行われているハイパースキン脱毛は、従来の脱毛法とは全く違う仕組みで成り立っています。

 

従来の脱毛方法というのは、今活動している毛根や、今実際に生えているムダ毛に光を当てて、ダメージを与えて破壊するような方法です。

 

なので、ムダ毛の処理をしたあとにしばらくすると、徐々にムダ毛が抜けていくんですね。

 

ただこの従来の脱毛法のデメリットとしては、まずやはり、高温を使うことになるので痛みが出てしまったり、火傷や肌トラブルといったリスクも抱えているんですね。

 

また、肌への負担も大きいため、2ヶ月に1回くらいしか脱毛の処理をすることができません。

 

ですが、ディオーネのハイパースキン脱毛に関しては、そもそも生える前のムダ毛に対して働きかけるので、高温でなくても大丈夫なんです。イメージとしては、ムダ毛の種に対してアプローチするという感じですね。そして、そこからムダ毛がそもそも出てこないようにするんです。

 

この方法は、3週間に1回位のペースでも脱毛することができますよ。